Youtubeとの付き合い方

Advertisement
©Youtube

ピコ太郎のPPAPが世界でブレイクしたように、世界に向けて作品の発信したい!!と考えた時に真っ先に名前が挙がるのはやはりYoutubeだと思います。

 

オープンな場での活動には必ず一定のリスクが伴います。

個人情報の流出や、作品の盗用、逆に自分の作品が盗用と誤認されてしまうリスクすら存在しています。

昨年大きな話題を呼んだ石橋敬三さんの楽曲が国外のプロダクションから著作権侵害の申し立てを受け公開停止にされてしまった事例です。

アルバムを発表しているアーティストでさえ作品のオーバーライドをされてしまう危険があるというYoutubeでこれから活動を伸ばしていこうという新人や零細な個人が自分の権利を守るためには一体どうしたらよいのでしょうか?

Youtubeの権利保護の仕組みを知っておこう

映像、音楽、著名人など、様々な利用形態によって注意すべき点が異なる権利の取り扱いですが、ユーザーの倫理にすべてお任せといった放任をしていればYoutube自体が権利侵害の幇助で訴えられてもおかしくありません。

そういった事が無いようにYoutubeは自動で著作者が登録を行ったコンテンツの監視を行うシステムや、通報を受けて警告を発するシステムなどの権利保護対策が二重三重に取られています。

まず各国の法令遵守や管理団体との契約。

日本でいえばJASRAC等著作権管理団体との包括契約があります。
管理団体に対し包括契約料を支払うことにより、ユーザーの無断使用や出版社・アーティスト公式のチャンネルでの音源利用に対してホストの責任を果たしています。

Youtubeがホストとしての責任を果たしているのはあくまでも配信プロバイダとして音源などの配信を可能にするためであって、無断で他者の作品(映像・音楽)をアップロードしているユーザーは違法であることに変わりはありません。

日本では著作権侵害は親告罪ですので他者の作品を無断アップロードした場合でも権利者からの被害の申告がなければ訴えられることはありませんが、だからと言って好き放題していい訳ではありません。

Youtubeでは権利者からの権利侵害の通報があった場合無断アップロードを行っている者は警告され、それでも繰り返し同様の行為を行う場合はアカウント停止の措置が取られます。
(悪質な場合は一発で停止もあるようです)

もっともアカウントの停止で済むだけなら御の字であり、法廷で会おう!!なんていうお手紙(内容証明)を貰う前にそういった行為はやめておくべきでしょう。

システム的な面ではコンテンツIDによる作品情報の管理があります。

コンテンツIDの仕組みについてはYoutubeのヘルプによる動画の説明が分かりやすいので一度見ておくとよいと思います。
字幕設定を行うことで日本語字幕で確認が可能です。

こちらは一定の要件を満たしYoutubeに登録された作品についてのID管理が許可されたユーザーが使用できるもので、アップロードされた動画から識別IDを作成し他のアップロード動画で同一(あるいは極めて近似な)識別IDを持つ動画が投稿・発見された際に動画に含まれる(と思われる)コンテンツの権利保有者が許可する運用指針に従って近似・類似とされた動画に対してなんらかの処置がとられることになります。

権利保護及び、権利者の活動の支援のために非常に有用なコンテンツIDによる作品情報の管理ですが、この仕組みに潜む『穴』こそが一般利用者にとって大きな脅威になりうる部分なのです。

識別は万能ではない

利用者にも管理者にも有用な機能を提供してくれるコンテンツIDですが、自動的な処理には何かを犠牲にした部分が生まれます。

コンテンツIDも例外ではなく、人の手を介さない自動処理故の弱点が存在しています。

一つは誤認。

人間の目と耳で確認していれば発生しえない誤認が時として発生することがあります。

これについては正式な手順で申し立てを行えば動画の公開停止解除なども可能であり、ペナルティは発生しませんがケースによっては対応が難しい場合もあります。

もう一つが非常に厄介なケースで、先の石橋敬三さんのようなコンテンツID管理の要件を満たしたユーザーによるオーバーライドを受けてしまった場合です。

石橋敬三さんの事例では意図的にせよ意図せずにせよコンテンツIDの利用資格を持った者がアップロードした動画に自身の制作した音楽が使用されていたことで自動的な判定に引っかかり、レバノンのプロダクションのチャンネルが決定していた方針であるプロダクションの管理する作品については公開を停止するという措置で作品の公開が停止されてしまったということになります。

この場合は非常に厄介で意義の申し立てを行うことは可能ですが原則的には大量の作品権利を保有しているプロダクションはYoutubeとのパートナーシップ契約があるため立場的に有利であることと、国外のプロダクションなどとこの問題で衝突した場合法的な面で取り扱いが難しくなるという問題があります。

個人で有効な対策を取ることは難しい

このような場合、自身の著作物であったとしても公的な登録や管理団体への信託を持たない個人では対応が非常に難しくなります。

自身の著作物であるという証明を提出するにしても、JASRACに信託して著作者であるという裏打ちがある石橋さんですらYoutubeに申し立てを却下されるという事態になっています。

この点についてYoutubeの管理システムとサポートデスクの対応が不明瞭で正確な情報を得る事ができませんでした。
基本的にはYoutubeにアップロードされたパートナーシップ契約を持ったチャンネルのコンテンツIDが自動処理的には最上位とされているのではないかと考えられます。

個人が取れる対策は少なく、文化庁への著作物登録制度の利用などの裏付けを作るくらいしか今のところ有効な方法を思いつきませんでした。

Youtubeからの収益回収が直接でなくなってしまいますがBIG UP! FREEなどのサービスに登録して有料配信契約を行う事でコンテンツIDによる保護化に入ることも可能です。
この場合は各サービスの規定する条件に基づいての還元となるため実数の把握などは難しくなります。

作品をたくさん制作して、自身がコンテンツIDによる作品管理の対象になれるくらいまで成長できればよいのかもしれませんが、どの程度の規模からが対象となるのかも明確な記述がないため把握できていません。

この件については引き続き事例や対策について検討をしてみたいと思います。

残念ながら有効な対策や具体性のある提案はできそうにありませんでした。

こう見るとYoutubeだけが危険なように見えますが、他のサービスであっても音源だけ抜き取られたり映像を利用されてYoutubeにアップロードされてしまえばリスクとしては同じです。

個人の活動範囲が広がっている現在だからこそ、自分自身の振る舞いや自身の作品の保護について改めて見直す必要があるのだと思います。

この件については引き続き調査を続けたいと思います。
対応した事例などについても情報を頂ければ幸いです。

安心して作品を公開できる状況ができればいいですね。

Advertisement
みるくここあ
About みるくここあ 201 Articles
ウィンドシンセを片手に曲を作っています、演奏するのも聴くのも好き。 ゲームとITと変な情報を拾ってくるのが得意。 色々とやっているらしいけど詳細はヒミツ。 オリジナル曲を公開しています。 http://www.nicovideo.jp/mylist/31704203 作曲風景の生放送もしています。 https://milkcocoa.org/rainbow-sound-cafe-live/ 音楽やDTMに纏わる話題を色々と書きます。

あなたのコメントをお待ちしています

コメントをどうぞ

Your email address will not be published.